京都府立海洋高等学校の校章の校章京都府立海洋高等学校

京都府宮津市字上司1567の1

エントリー製品紹介

缶詰京の鯖

京の鯖の写真

「京の鯖」は、京都府立海洋高校が伝統的に製造している「鯖味付缶詰」を、多くの方に届けたいと、福井缶詰株式会社が再現して商品化したものです。同校が代々こだわっている「国産サバを国内加工」で忠実に再現しています。あっさりした味わいで、パスタやサラダにも利用でき、多くの方々に愛される商品となっています。

大会へのメッセージ

地元企業へ製造を外注することにより大量生産が可能になり、地元の土産物として定着した「京の鯖」。現在、松坂屋高槻店をはじめ、60以上の事業所で販売しています。また、大手ネットショッピングサイト「Amazon」や「楽天」でも購入できるようになりました。
また、大量生産してもらうことで、その販路を考える販売実習やマーケティング実習を行うことができ、地域と本校の双方に成長を促す製品になっています。

販売について

価格
時価
販売店名称
60店舗以上の小売店で販売(詳しくは学校Webサイトでご覧ください)

学校紹介

京都府立海洋高等学校の写真

「海のスペシャリスト」育成を目指す、近畿唯一の水産・海洋系単独の専門高校です。平成15年度に学科改編を行い、現在の海洋科学科、海洋工学科(航海船舶コース・海洋技術コース)、海洋資源科(栽培環境コース・食品経済コース)の3学科を設置しました。また、同校の立地する京都府北部地方は、日本三景の1つである「天橋立」を擁していることもあり、京都府が観光まちづくりのテーマとしている「森の京都」「海の京都」「お茶の京都」の一つ「海の京都」として、地域活性化や観光振興を目指しています。

取り組み

「高校生レストラン」を基盤とした地域創生

2015年から毎年定例で「高校生レストラン」を運営しており、水産庁長官賞を受賞した「ブイヤベースラーメン」を軸に、地元の低利用資源を活用した弁当やスイーツの販売を行っています。令和2年度は、コロナ禍により、高校生レストランを中止又は縮小しましたが、その分、商品の品質を上げることを目的に、多くのレシピのコンテストに積極的に参加し、第11回全国和菓子甲子園近畿大会(オンライン)奨励賞<2年連続出場>や一般社団法人 全国食の甲子園協会 「カルピス」商品開発部 優秀賞などを受賞しました。
本年度は、アカモクやイカスミを使ったスイーツを開発しており、コンテストで上位入賞することで、知名度を上げ、地元の産業を発展させたいと思っています。

海洋高等学校の取り組み 高校生レストランの写真01
高校生レストラン(オープンテラスでの開催)
海洋高等学校の取り組み 高校生レストランの写真02
地元フルーツとイカスミのクッキー(コンテスト出品作)

Top