青森県立八戸水産高等学校の校章青森県立八戸水産高等学校

青森県八戸市大字白銀町字人形沢6番1号

エントリー製品紹介

缶詰さば水煮缶詰

さば水煮缶詰の写真

北海道・青森県沖等の太平洋で漁獲された鯖を原材料にした水煮缶詰めです。
旧来からの蒸煮(蒸気で蒸す)工程を行い、その後に清水を充填して製造した製品です。

大会へのメッセージ

地域でも美味しいと評判で水産高校一の人気商品ですが、一般の方々への販売は水産デー(学校の文化祭)のときに限定販売されるだけとなっています。

エントリー製品紹介

缶詰むしうに缶詰

むしうに缶詰の写真

三陸産の新鮮な生ウニ(キタムラサキウニ)をそのまま缶に詰めて、蒸気で蒸した製品です。
昭和4年頃、本校の卒業生が漁協の依頼を受け開発した「むしうに缶詰」が起源となっている、本校伝統の逸品です。

大会へのメッセージ

三陸の海の幸を味わえる缶詰めです。一度はご賞味いただきたい製品です。

エントリー製品紹介

缶詰ほたて水煮缶詰

ほたて水煮缶詰の写真

陸奥湾産のホタテ貝柱(半成貝)を食塩水とともに缶詰にした製品です。

大会へのメッセージ

ほたての旨味と程よい塩味を兼ね揃えており、スープやサラダなど様々な料理に使えます。

エントリー製品紹介

缶詰ほたてサラダ缶詰

ほたてサラダ缶詰の写真

陸奥湾産のホタテ貝柱をフレーク状に加工し、本校自家製マヨネーズで和えた製品です。
自家製マヨネーズにはハーブ等も加えられており、ホタテの旨味を引き立たせるような工夫をしています。

大会へのメッセージ

そのままでおつまみに、パンやクラッカーのトッピングに、そして、軍艦巻きやサラダにも、いろいろ使える缶詰です。

エントリー製品紹介

缶詰ほたてうに和え缶詰

ほたてうに和え缶詰の写真

陸奥湾産のホタテ貝柱をフレーク状に加工し、三陸産のウニで和えた製品です。

大会へのメッセージ

そのまま食べるもよし、料理に使うのもよし、ホタテとウニの旨味を一遍に味わえる缶詰です。

学校紹介

青森県立八戸水産高等学校の写真

本校は明治42年創立百有余年の歴史を持つ青森県内唯一の水産・海洋系高等学校です。本科として海洋生産科・水産食品科・水産工学科の3学科、専攻科として漁業科・機関科の2学科があります。国内有数の水産都市である八戸市に位置し、「海に学ぶ、海で学ぶ」をスローガンに水産業および水産関連産業の担い手の育成を目標に教育活動に取り組んでいます。
実習船として、青森丸(660t)、うみねこ(13t)、小型教習艇2艇、和船2艇、カッター4艇を有し、海洋生産科・水産工学科は五級海技士の養成施設となっています。また、専攻科はより上級の海技士資格の取得を目指しています。

取り組み

地域連携

平成30年度に青森県三戸郡階上町との官学連携に関する協定を締結し、「階上アブラメ」ブランド化推進事業への取り組みを行っており、アブラメ活用検討委員会で討議を重ねるとともに、アブラメの稚魚の放流および標識による調査、輸送方法の研究、加工品開発、調理のレシピ開発、イベントでのPR活動等、三学科(海洋生産科・水産工学科・水産食品科)でそれぞれの特長を生かして活動を継続しています。また、水産食品科ではイカ釣り協議会と連携し、アカイカの缶詰の開発に取り組み、製品化を目指しています。

八戸水産高等学校の取り組み 地域連携の写真01
八戸水産高等学校の取り組み 地域連携の写真02

Top